日本円と外貨(米ドル)を可能な限り安くする方法

株/投資
株/投資

海外株やETFを取引していると、給与である日本円と外貨(主に米ドル)を両替する必要が出てきます。

為替取引にも当然手数料がかかってくるわけですが、これは運用の巧拙に関係のない、いわば単純なコストであるため可能な限り小さくしたいものです。

この記事では、海外株取引のシーンを前提に、できるだけ安く、かつ簡単にドル円を交換する方法について説明します。

主な金融機関での両替手数料

まず、各金融機関での為替取引手数料をざっくり見てみます。メガバンクのインターネットバンキングでは手数料は1ドルあたり0.25~0.5円でした。

UFJが0.25円、みずほが0.4円、SMBCが0.5円です。これに対し、楽天、マネックス、SBIなどのネット金融機関では一律0.25円となっています。

FXでは0.02円程度と破格に安いですが、為替取引そのものがビジネスですのでその分取引回数で取り戻すようなモデル担っているように見えます。

SBI証券と住信SBIネット銀行を行き来する方法

基本的な銀行↔証券口座での取引でもっともお手軽に安くできる方法は、住信SBIネット銀行とSBI証券を行き来する方法です。

というのも、SBI証券の日本円残高をドルへ両替しようとすると上記の通り0.25円の手数料がかかるのですが、同じSBI系列の住信SBIネット銀行であればドル円手数料は0.04円で済みます。

また、SBIネット銀行とSBI証券は無料で入出金ができるため、一度SBIネット銀行を経由して両替をすれば最小の手間で安いレートを利用することができます。

なお、SBIネット銀行で外貨口座を利用するために申請等は不要です。円の残高をドルへ両替すればその時点で同意したとみなされ、外貨口座が開設されます(1ドルで構いません)。

銀行側で外貨口座が解説できたらSBI証券で「入出金・振替」→「外貨入金」でSBIネット銀行の口座を指定できます。あとは銀行側のレートで換金したドルを証券口座に振り込めば海外株の取引に利用できます。

今回は以上になります。お読みいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Huli

IT企業で働いています。このブログではIT、キャリア、資格などについて発信しています。My opinion is my own.

Huliをフォローする
the Biztech blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました