いびき治療のレーザー手術を受けて口蓋垂と軟口蓋を切除した話

雑記
雑記

私は20代の中盤頃より慢性的にいびきをかくようになりました。同居人にも迷惑ですし、自分の睡眠にも支障が出ますので、スリープクリニックで診察を受けたり市販のグッズを購入したりして対策しています。

マウスピースなどで多少の効果が出たものの、完全にいびきをなくすことはできずにいました。

これ以上いびきでストレスを抱えるよりは…と思い、今回外科手術を受けていびきを根本から治療することを決めました。

この記事がいびきで悩む人の役に立てば幸いです。

どういう手術?

私が受けた手術は、簡単に言うと口蓋垂(いわゆる「のどちんこ」)とその周辺の軟骨をレーザで切除する手術です。

昔はメスで切っていたらしいですが、レーザのほうが出血や術後の痛みが少なく主流であるとのこと。

実際に手術そのものは10〜15分で終了します。麻酔や診察を含めても手術当日の病院滞在時間は2時間ほどです。

とは言え手術後2週間程度は飲酒喫煙激しい運動などに制約がでますので、前後に余裕のあるタイミングで手術を受ける必要があります。

病院選び

東京都内で探しますと、銀座コレージュ耳鼻咽喉科東京ロンフェルメ耳鼻いんこう科の施術事例が圧倒的に多かったです。

というよりもこの2つ以外での事例があまり見つかりませんでした。美容外科系のクリニックもあるようですが、保険がきくか分からないし、やはり事例の多い専門病院の方が安心な気がしました。

どちらでも良かったのですが、私はいろいろな取材記事や取り組み(特に術後の痛みの低減に関する話)を読んで銀座コレージュに決めました。

保険適用で受けられる いびきの日帰りレーザー治療|ドクターズ・ファイル
「保険適用で受けられる いびきの日帰りレーザー治療」を、ドクターズ・ファイルがトピックスとして独自取材で紹介。「パートナーに、いびきがうるさくて眠れないと言われた」「友人と旅行したいが、いびきが不安で行けない」など、日々の生活に大きな悩みをもたらす「...

また、こちらは保険適用で手術が受けられることも魅力でした。手術費用そのものが31,000円前後で、初診の費用と薬代を入れても4万円くらいです。

極度の肥満の方や鼻腔の通りが悪い方は口蓋垂の手術ではあまり効果を得られません。まずは自分のいびきの原因や、どの部位から発生しているかなどを見極めましょう。
私の場合はスリープクリニックでの診察のあと、上記記事にあるような市販のグッズを試しながら原因が口腔内の塞がりであることに気づきました。

原因が自分でわかっていない方は必ず医師に相談するようにしてください。

手術までの流れと術後の経過

ここからは実際に手術を受けてみての話になります。言わずもがなですが、諸々の個人差はあると思います。

初診

まず手術ができるかどうかを診察してもらいます。実際に患部まわりを診てもらい、写真を撮りました。

どうやら手術による対処が期待できる状況だったようなので、そのまま手術前の血液検査用の採血をします。特に問題はなかったので無事手術を受けることに。

手術の日

初診から一週間後に手術を受けました。当日は朝から食事と水分は禁止です。この辺りは普通の健康診断などと同じですね。

ちなみに手術一週間前から一部の市販薬も服用禁止になります。

当日は簡単に説明を受けたあと、唾液の分泌を抑える注射を打ちます。その後全身を弛緩させリラックスできるような成分の点滴を30~40分程度しながら、ゼリー状の麻酔を口に含んで待機します。

手術直前に麻酔注射もするのですが、その注射がそもそも痛いため弱めの麻酔をまず処方するんだそうです。

ゼリー麻酔で口の中が痺れて来たら診察室に移ります。ドラマなどに出てくる手術室ではなく、初診を受けた普通の部屋でそのまま施術しました。

患部に注射で麻酔をするのですが、喉の異物感と麻酔による筋肉の弛緩で息苦しく、結構えづく感じになってしまいました。

そして準備が整うとレーザー機器で治療していきます。部位が口内なので機器もレーザーもまったく見えませんが…。

麻酔が効いているので痛みはありませんでした。なんとなくレーザーポインタのような光か、昔実験で使ったような熱線を想像していたのですが、口内に照射されるレーザーは光というより「熱い風が口の中で吹いている」ような感覚でした。

レーザー施術はものの10分位で終わりました。その後は点滴の残りをまた30~40分ほど受け、最後に先生が口内を診察して終わります。滞在時間は全部で2時間程度でした。

他の方の手記を読んでいると数日は痛みで食事もできなかった、という意見もありますが、私はなぜか麻酔が切れたあとでも普通にコーヒーを飲んでうどんを食べるくらいならできました。

このように痛みは我慢できるのですが、手術中から直後の「焦げ臭いにおい」はちょっと精神的にくるものがあります…。それも数時間で消えますが。

経過

これを書いている時点ではまだ手術直後であるため、しばらく様子を見てから続きを書きたいと思います。

今回は以上です。お読みいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Huli

IT企業で働いています。このブログではIT、キャリア、資格などについて発信しています。My opinion is my own.

Huliをフォローする
the Biztech blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました