【2020年版】Azureのアカウントを削除しサブスクリプションへの課金を停止する方法

Microsoft Azrue
Microsoft Azrue

Azureのアカウント管理周りでいくつか不明点があり調べましたのでこちらに残して置きたいと思います。

この記事はこんな人におすすめ
  • 不要なAzureアカウントを削除したい
  • 使わないAzureサブスクリプションの課金を完全に停止したい

まず、公式ページによると実は「Azureアカウントの削除」はできない仕様になっています。そのかわり、下記の処置によってアカウントを実質停止します。

  1. Azure アカウントに紐づくサブスクリプションの削除
  2. Azure アカウントに紐づくクレジットカード情報の削除
  3. 元の Microsoft アカウント・組織アカウントの削除

注意すべき点として、1.のサブスクリプション削除ではリソースは削除できるのもの課金情報は残るため、万が一不正利用等のリスクがあります

将来的にAzureの課金を停止したい場合には2.のカード情報ごと削除する必要があるでしょう。また、3.のMicrosoftアカウントを削除してしまうとOffice365やOutlookの管理にも影響が出ますのでよく考えて実行してください。

サブスクリプション情報の削除

まず、1.サブスクリプションの取り消しについてはAzureポータルから実行することができます。

操作方法は下記をご覧ください。

Azure サブスクリプションの取り消し
無料試用版サブスクリプションなど、Azure サブスクリプションを取り消す方法について説明します

クレジットカード情報の削除

Azureポータルでは最低一つは支払い方法を登録する必要があるため、カード情報を完全に削除するためにはサポートへチケットを起票して対応して貰う必要があります

まずAzureポータルへログインし、Topから「?」マークのヘルプへ進みます。

「サポートとヘルプ」ボタンをクリックしケース起票画面へ進みます。

上記画像下の「サポートリクエストの作成」をクリックします。

問題の種類を「課金」とし、下記のようにケースの欄を埋めます。

詳細の欄で日時を指定し、自由記述欄にクレジットカード情報の削除に同意する旨を記述してください。

重要度は低レベルであっても待たされることはそうありませんのでご安心ください。言語も日本語対応が可能です。

このままチケットを切れば指定した方法で連絡がきます。

すでに該当月中で次の請求が確定していない場合、確定後にカード情報を削除できる旨連絡が来ると思います。

※先にカード情報を削除すると引き落としができないためこういった対処になります。

Microsoftアカウントの削除

前述のように、Microsoftアカウントを削除するとOfficeやOutlookの情報も消えてしまうため、特に事情がなければ残して置くことを推奨します。

その上で、削除方法は下記になります。

Microsoft アカウントを完全に削除したい
Microsoft アカウントを削除したいのですが、マイクロソフトのヘルプの情報が古く、困っています。 下記、” にある をクリックします。” と記載がありますが、まったく記載がありません。 Microsoft アカウントでサインインし (

おわりに

Azureアカウントそのものを一発で停止することはできませんが、サブスクリプションと課金情報を削除することで想定外の課金を防ぐことができます。

今回は以上です。お読みいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Huli

IT企業で働いています。このブログではIT、キャリア、資格などについて発信しています。My opinion is my own.

Huliをフォローする
the Biztech blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました