テレワークとはなにか|5つのメリットと3つのデメリット

tele-work マーケティングと営業
マーケティングと営業

コロナウィルスの影響で、急遽テレワークを推進する企業が増えています。

この記事では、そもそもテレワークとは何か、リモートワークや在宅勤務との違いやメリット、デメリットについて説明します。

テレワークとは

テレワーク(tele-work)とは、「離れた」「遠くの」などの意味を持つ接頭語”tele”と、仕事を意味する”work”を組み合わせた造語で、本来所属する事務所意外の場所で仕事をすることを指します。

リモートワーク(remote-work)は同じく「離れた」という意味のremoteを使った言葉で、ほぼテレワークと同じ意味で使われています。

一方、在宅勤務やサテライトオフィス、レンタルオフィスなどはオフィスを離れた結果どこへ行くのか、という事ですのでこれらはテレワークに含まれる概念になります。

広い意味ではオフィス以外の場所で行う仕事は全てテレワークとも言えますので、移動中にスマートフォンでメールを読むのもひとつのテレワークとなります。

テレワークのメリット

テレワークにはすでに知られているように多くのメリットがあります。

事業継続性を担保

今回のコロナウィルス騒動はまさにこの側面が大きいです。すなわち、オフィスに居なくても仕事ができるため、通勤が禁止されても業務を継続することが出来ます。

また、地震などの自然災害で物理的にオフィスが使えないときにもこの効果が発揮されます。

強制的に仕事の仕組みをアップデートさせる

『全員が同じ場所にいない』ということは想像以上に今までの仕事のスタイル変更を伴います。

例えば会議の際に紙に印刷した資料を配ることは不可能ですので、データによる共有が事実上唯一公平な手段になります。

書類以外にもハンコやタイムカードもありません。

これらはソフトウェアとインターネットに代替されますので実質ネット環境は常時必要になります

更に一番大きな点は、仕事の評価の仕方を変えざるを得ないことです。オフィスにいた時のように細かく様子を見て働きぶりを確認する事ができませんので、ある程度個々人の裁量に委ね、結果的には成果で評価するやり方が主流になります

つまり、テレワークによって従来の日本型人事評価から成果報酬型の評価モデルへの変化が起こると思われます。

ワークライフバランスの確保

通勤に使っていた時間を私生活にあてることができます。

特に朝夕にお子さんを送り迎えしたり、食事の準備をするタイミングで一度仕事を中断し、それ以外の時間で作業をすすめることができます。

エコである

人の移動が減ると、自家用車等を動かす機会も減りますので環境に対してはポジティブな効果です。

また、オフィスのような広い空間の照明や空調はエネルギーを使いますので、そういった点でも環境に優しい施策です。

雇用の機会を広げる

オフィスに通勤しなくても仕事が成立するということは様々な事情で通勤できない人も雇用することができるということです。

例えば障がい者、介護者、小さな子どもを持つ親などが考えられます。それ以外にも、複数の仕事を持ちたい人にとっても、場所に縛られない働き方は新しい可能性となります。

未経験でも最短1ヵ月でIT・エンジニアに【SODATEC】

テレワークのデメリット

基本的にテレワークという選択肢があるということはメリットが大きいと思いますが、一部デメリットも存在します。

評価のルールが変わってしまう

メリットの項で申し上げたことと表裏一体なのですが、成果評価型への移行は、今まで異なるルールで仕事をしていた人にとっては脅威となる可能性もあります。

職場に対するある種の忠誠心で評価を得ていた人や、細かなマネジメントを必要としていた人にとっては、裁量とアウトプットによる評価が必ずしもフィットしない場合もあるでしょう。

仕事のための設備や道具が必要

最低限の道具はネット環境とPCで事足りますが、ある程度高頻度または長期化する場合は健康のためにも仕事の環境が必要になるかと思います。

私もテレワークを初めて数万円程度をかけて椅子やデスクを整えました。

セキュリティとガバナンス

テレワーク環境では仕事場に依存しない代わりにインターネットへの依存度が高まりますので、必要なセキュリティのタイプも異なります。

よく、テレワークはITへの依存度が高くセキュリティのリスクがあるから実施できないとおっしゃる経営者もいらっしゃいます。

しかし、個人的には、オフラインにはオフラインの、オンラインにはオンラインのセキュリティがあるだけで、テレワークは安全ではないという事にはならないと考えています。

総合的に見てメリットがある可能性が高いのであれば、それは必要な投資ではないでしょうか。

まとめ

この記事ではテレワークの概要とメリット、デメリットについて説明をしました。

こうした形でテレワークが広がっている背景は決していい事づくしでは無いですが、それでも多くの人にメリットをもたらすテレワークはコロナウィルス後の世界でも一つの働き方の主流になるのではないかと思っています。

また、途中申し上げたように、テレワークはただ物理的な環境の違いだけでなく、これまでとは異なるセキュリティへの配慮や、評価システムそのものの見直しも伴うものです。

テレワークを契機に、これまで以上に自由で効率的な働き方ができる世の中になることを願っています。

今回は以上です。お読みいただきありがとうございました。

テレワークの切り札! Office365 Teams 即効活用ガイド
テレワークの切り札! Office365 Teams 即効活用ガイド

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Huli

IT企業で働いています。このブログではIT、キャリア、資格などについて発信しています。My opinion is my own.

Huliをフォローする
the Biztech blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました