『業種』と『業界』の2軸で考える転職の戦略。複数回転職の実体験も交えてお話します

転職
転職

転職をしてキャリアアップしたいけれど、どんな切り口で会社を選べばいいのかわからない…。となったことがある方も多いのではないでしょうか。

転職を考えた際の会社選びには、まず自分の今いる業界と業種から見た転職後のポジションのイメージを整理するところから始めましょう。すなわち、下記の4つのマトリックスに整理できます。

私はこのうち①、②、④のタイプの転職を経験してきました。その経験も踏まえ、各タイプの特徴と戦略について述べさせて頂きます。

①同業種×同業界

まず、同業種同業界への転職ですが、これは4パターンのうち一般的に最も容易でギャップの少ないパターンです。私の例ではIT業界の法人営業、という同じポジションで転職を経験しました。

あなたがこのパターンの転職をしたいのであれば、まずは転職サイトに登録してエージェントから声が掛かるのを待ちましょう。おそらく複数件案件紹介があるはずです。

その上で志望する業界に強みを持つエージェントと緩くつながりを持っておいて、良い案件と良いタイミングで移ればよいのです。一人前のスキルのある若手~中堅であれば昨今の人手不足の世の中、大きく待遇を上げるチャンスもあります。

また、中堅以後のマネージャーやディレクタークラスについても最近は多く募集を見るのでさほど条件を下げるリスクなく転職できる可能性もあります。

これは私の実感でもありますが、きちんとスキルと経験さえ伴っていればいわゆる社格のようなものは気にする必要はありません。あなたが今は名もなき企業にいたとしても、だれもが知るようなピカピカの企業に転職できるチャンスは十分にあるということです。

ただし、そのためには小まめに経歴書をアップデートして自分の貢献をいつでも語れるようにしておいてください。

②同業種×他業界

これは所属業界が変わっても自分の肩書は変わらないようなケースが該当します。私はデジタルマーケティング会社からIT企業へ転職しましたが、法人営業担当という肩書は一緒でした。このようなパターン以外では経理や事務などいわゆるバックオフィス業務に多く見られるケースです。会計基準は世界中で共通なので会社ごとの差異が少ないというわけですね(管理会計は大きく異なるかもしれませんが…)。

こちらもパターン①と同じく若手~中堅クラスであれば基本的に困ることはありません。プレイヤーとして即戦力の採用になりますのでプロトコルは同じです。

マネージャークラス以上になると少しパターンが分かれてきます。ひとつは業界の細かな事情(公になっている者も、ちょっとグレーなものも)に精通していないから厳しい、という判断を下される場合。もうひとつは逆にこれからその企業が進出していきたい業界から来ている場合、新規事業のマネージャーとして責任の大きいポジションに就ける可能性があります。

あなたがもしシニアクラスで、重宝されて転職したいのであれば、あなたが今持っている業界知識を必要としている企業がフィットするかもしれません。この辺りの情報はエージェントを使ってきちんと裏取りをしておきましょう。喜び勇んで入社したら予想とは裏腹に社内では期待されていないプロジェクト、もっとひどければ敗戦処理担当だった。という話も聞きます。

③他業種×同業界

これは②とは逆で、『業界知識はあるが担当としてのスキルはない』状態になります。私は唯一このパターンだけは経験していません。

あまり転職市場に出回っている印象はありませんし、実際転職でこのパターンが発生することも少ないと思います。転職というよりはむしろ社内やグループ内での配置換えのイメージです。日系企業の大手だとジョブローテーションの名目でまだこういった経験をさせているところもあるらしいですが、私の業界ではまず聞きません。

いずれにしてもスキルが無ければほぼ新卒と変わりありませんので、変に半可通ぶらずに潔くアンラーニングして臨むことをお勧めします。

④他業種×他業界

これは分かりやすくキャリアチェンジです。待遇も新卒と同水準になることを覚悟しておきましょう。当然ですが20代までに許されたパターンです。

当ブログの別記事にてこのパターンは詳解しておりますので是非併せてご覧ください。

まとめ

以上、転職における4つのパターンとそれぞれの適齢期についてお話しました。

人生100年時代、キャリアも高齢化などと言われていますが、転職のマーケットでは案外変わらず30代前半頃がもっとも切れるカードが多いのが現状です。

大切なのは十把一絡げに転職と考えず、あなたが今まで歩んできたキャリアと、次のポジションで達成したいことをきちんとタイミングで考えることです。

自分のキャリア棚卸しの後は実際に面接の対策に入ります。質疑応答に勝つためのエッセンスについては別の記事もありますのであわせてご覧ください。

あなたが波を掴んで転職を成功させることを祈っています!

今回は以上です。お読みいただきありがとうございました。

スタディサプリEnglish

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

IT企業で働いています。このブログではIT、キャリア、資格などについて発信しています。My opinion is my own.

Huliをフォローする
the Biztech blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました